« 節分の鬼 | トップページ | 亀生堂 »

めしや菓舗

Yoshinomochi

今回紹介する★めしや菓舗 は、西条市HPの観光情報でも紹介されている老舗のお店です。
国道11号線の伊予小松駅前の通りを南に向かい、ひとつ目の交差点(点滅信号)を右折するとすぐの場所にあります。

上のリンク先でも紹介されている「よし乃餅」は、上品な甘味のこし餡を柔らかい餅で包んだもので、このお店の主力商品です。
夏場でも10日間ほどは日持ちがすることから、遠路のお土産としてもお勧めですよ v(^^)v

その由来は江戸時代小松藩一万石の一柳頼紹公時代に「めしや」という屋号を戴き菓子商を営んでいました。
天保9年3月頃に大和国の老高僧が四国八十八ヶ所巡拝中に接待宿をたのまれたので借した所、そのまま病気にかかりその当時先祖に「よし乃」というお婆さんがいまして老高僧を親切に介抱致しました。
間もなく次第に病状も回復に向い元気になり八十八箇所巡りをつづけました。
その時の御礼に時の帝にも献上した餅菓子の作り方を伝へて去りました。
その当時、当店は旧国道金毘羅街道にあり通行人も多く菓子といっても駄菓子程度で餅菓子は大変珍らしいので近郷近在の評判になり良く売れました。
その時のよし乃婆さんの名をそのまま取り「よし乃餅」と名称をつけ、これが現在の「よし乃餅」として賞味されています。
                       (『よし乃餅の栞』原文のまま)

Yoshinomochi2

そして、ここには「よし乃餅」と並んで、特に地元の方に評判の良い商品があるのですが、それがこの「おはぎ」なのです。

Ohagi

おはぎは1個100円で、こし餡,きなこ,黒ゴマの3種類です。
おはぎというと何処の家でも作っているモノなのですが、それでも売れているという人気の理由は食べてみると分かります。
というか、この美味しさは食べてみないと分かりません(笑)

なんというか・・・、餡の甘味と舌触りが絶妙です (^▽^;)ゞ

Ohagi2

毎日夕方迄には完売しているようで、休日などは昼頃には既に売切れとなっている事も珍しくないようですから、どうしても手に入れたい場合は電話で予約しておいて下さいとお店の方が仰っていました。

ところで、店内にはこのようなモノも置いていました。

Tsugamai

包装の裏側を見ると、製造が★和晃 という京都の菓子メーカーでした。
なんか聞いたことのある会社名だなぁと思って調べてみたら、たぶん以前に貰ったことのあるお土産が「京観月」で、それで微かに覚えていたんだと思います。
どうやらこの店でも販売しているようです。

Tsugamai2

「番舞」という商品名には〝つがまい〟という仮名が振られていましたが、これも調べてみると〝つがいまい〟とも読むようです。
「番」という字は〝つがい〟とも読むのかぁ~。
そういや、扉を固定する金具は「蝶番」と書いて〝ちょうつがい〟と読むなぁ~・・・と、妙に納得。
話を豆知識で濁したところで、味のほうはノーコメント(苦笑)

|

« 節分の鬼 | トップページ | 亀生堂 »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

おお!^^
わが故郷の和菓子です~♪
独身の頃は、和菓子が大嫌いだったのですが、この『よしの餅』だけは好きだったんですよ。
薄皮饅頭の程合いがなんとも言えず上品で!
このお菓子はどこへ出しても自慢できる和菓子だと元地元民として自負しております!


独身時代に嫌いだった和菓子も、亀生堂の和菓子にはまり、出産と共に好みが変わって、今では大嫌いだったタルトでさえも好きになってしまいました。(;^_^A

でも、やっぱりもらってうれしいのは『よしの餅』と『たぬき饅頭』で~す♪(^▽^)b
小さいから何個でも食べられる!
いやいや 美味いからです♪

投稿: miyo | 2007年2月 4日 (日) 23時39分

おはぎ、予約して絶対に買いにいく~!(^^)!
餡好きには、話題沸騰かも。。
沈静化した頃に行きましょ。。

投稿: モモ | 2007年2月 5日 (月) 14時02分

♪miyoさんへ
私の両親は共働きだったこともあって、
子供の頃には爺さん婆さんに預けられていた事もあって
おやつといえば饅頭とか最中とか羊羹とかばっかりでしたよ。
それも、賞味期限が過ぎていそうなのとか・・・(苦笑)

爺さん家が西条駅近くだったので、
たま~に「とらや」のケーキが出た記憶があります。
その反動からか、今やケーキを〝大人買い〟してます(笑)

>亀生堂の和菓子にはまり・・・
亀生堂といえば、未だ紹介していない写真が少しあるので、
今晩アップしようかな?

投稿: かめしか | 2007年2月 5日 (月) 19時42分

♪モモさんへ
タネ明かしすると、よし乃餅を買いに店に寄ったのは
先週、石鎚SAの「縁や」へ向かう途中だったのですが、
昼前に寄ったにも関わらず、おはぎは売り切れてました。
人気があるのは嘘ではないようで・・・(^_^;)ゞ
で、改めて一週間後に買いに行ったのですよ。

是非食べてみて、この味を参考にして
プー助さんにおはぎを作ってあげてね(^▽^)v

投稿: かめしか | 2007年2月 5日 (月) 19時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 節分の鬼 | トップページ | 亀生堂 »