« 餅つき日和・・・?(・_・;) | トップページ | 好評につき・・・ »

道後の町屋

Machiya

16日の話の続き。

午後2時の開演までの時間潰しに、道後商店街をブラブラ。
千円均一SHOPや土産物屋を観光客気分でウロウロしておりますと小腹が空いてきたので、『道後の町屋』で軽く腹ごしらえ。
というか、コチラでも何処かで食べるつもりであったので、さっきは軽く済ませていたのですがね (^^ゞ
とはいえ、それほどガッツリ食べたい訳ではなかったので、休憩がてら寄ってみました。

この店の入口近くはパン工房とカフェになっており、その奥へとさらに進むと奥座敷があります。

Machiya2

この隠れ家のような雰囲気が良いですね。
煙草を吸わない私にとっては、この部屋が「禁煙」というのもポイントが高いです。
この座敷から眺める庭の風情もなかなか良いのですが、この時には縁側の席に2組のお客さんが居たので、庭の方向の撮影は遠慮しました。
カフェや庭の様子は、お店のウェブサイトで紹介されているので、ソチラを見て下さいな。

Machiya3

奥座敷の隣りの板間はギャラリーになっており、沢山の調度品が展示販売されています。

Machiya4

桜の木の皮を薄く削り、ランプシェードにした〝森の灯〟は、その赤くてやわらかな光がイイ感じなのでお気に入りなのですが、気軽に買える値段ではないですなぁ (^□^;)ゞ
まぁ、製作の手間とコストを考えると、妥当なところでしょうがね。

Machiya5

・・・と、ギャラリーを眺めておりますと、程無くしてランチセットがやってきました。
本来のセットにパン1個をプラスして、計600円也。
自慢のパンはモチロンのこと、コーヒーも美味しかったです (^▽^)v

セットを持ってきた店員さんに、この屋敷は元は何だったのか尋ねてみますと、入口近くのパン工房の付近には郵便局があったのだそうです。
若い店員さんでしたが、このような急な質問にも明確に受け答えが出来たのには感心しましたよ。
腰掛けのバイト感覚だと、こうはいかないでしょうね。
店の佇まいも良いし、従業員の対応も申し分ないので、この店にはまた訪れてみたいですなぁ。

 
こういう感心な店員さんがいる一方で・・・

本日(21日)、近所にオープンしたばかりのドラッグストアに初めて行ってみました。
品揃えは豊富で通路も広く、生鮮食料品の無いスーパーといった雰囲気でなかなか良かったのですが、冷凍食品のコーナーで棚を整理している店員さんに、半額になる曜日を尋ねたところ、「新聞チラシに書いてませんでしたか?」と言われ、新聞を取っていないのでチラシは見ていない旨を伝えると「分かりません」と答えられました。

自分の持ち場のスケジュールくらいは覚えておいてほしいな。
お客は、社員とパート(バイト)の区別なんてしませんよ。

|

« 餅つき日和・・・?(・_・;) | トップページ | 好評につき・・・ »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/66367/6867915

この記事へのトラックバック一覧です: 道後の町屋:

« 餅つき日和・・・?(・_・;) | トップページ | 好評につき・・・ »