旅行・地域

丸亀散歩(3)

Hougetsudou

丸亀城天守閣が完成したのが万治3年(1660年)。

その2年前の1658年から丸亀藩主としてこの地を治めていたのが京極高和であり、以後、廃藩置県に至るまで京極氏が名を連ねている。

この京極の名が付けられた美味しい和菓子があると聞き、お店を訪ねてみました。

 ■ 御菓子司 寶月堂

Hougetsudou2

駅前アーケードの中にも支店があるのですが、この建物が観たくて本店まで回ってみます。

お店の方に頂いた「まちかど探偵団」のチラシから、建物の説明を引用します。

 

 ◆ 寶月堂 (昭和初期:木造3階建)

 当初は、砂糖の卸問屋であった森喜平商店の店舗として建築された木造3階建、陸屋根構造の洋風建築です。
 外壁は
スクラッチタイル張り、腰部には安山岩をモザイク状に貼り付け、屋上まわりや1・2階の庇には、施釉スパニッシュ瓦が葺かれています。
 軒には連続する波形の繰形とアーチ形の繰形が上下に重複して、
コーニス(=軒蛇腹)を形成しています。
 建物北側の境界部分には、外壁と同じ仕上げの袖壁が張り出して
卯建(うだつ)になっています。

 木造3階建でタイル張りの店舗建築は、坂出市の角本金栄堂などとともに昭和初期の洋風建築の一つの流れであり、庇の洋瓦やコーニスの意匠にスパニッシュ様式の影響を見ることができる県内では数少ない建物です。

 

Hougetsudou3

店舗南側にある、こちらの二重の卯建は珍しいのだそうですよ。

Hougetsudou4

和菓子の製造は、このタイル張り3階建ての建物の中で行われています。

そして、購入した和菓子がコチラ↓

Hougetsudou_kashi

その中で、ひと際目立つ大きな菓子が「京極さま」です。

Kyougokusama

この白餡がとても甘く、お茶請けの菓子として美味しく頂きます。

Kurimanjyu

そしてコチラが栗饅頭なのですが、近所の他店の栗饅頭もそうであったように細長い形状になっています。

愛媛でよく見かける栗饅頭の2.5倍くらいはありそうですが、この長い栗饅頭を最初に作り始めたのは寶月堂なのだそうですよ。

ところによっては、中の白餡がパッサパサで噛んだ傍からボロボロ零れるような栗饅頭もありますが、ここ寶月堂の白餡は写真でもお分かりのように緻密でしっとりしている感じさえします。

個別の写真はありませんが、豆乳プリンもまた美味しかったです。

スタンダードな「豆乳ぷりん」の他に「豆乳ぷりん金胡麻」というのがあるのですが、この金胡麻プリンが私好みでしたよ。

これは近々また買いに行くことになりそうです。(σ・∀・)σゲッツ

 

この後は商店街をブラブラ… つづきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

丸亀散歩(2)

Marugamejou

まずは、駅前にある猪熊弦一郎現代美術館にて開催されていた、とある作家さんの企画展鑑賞へ。

すると、幾つかの作品は市内の数箇所に分けて展示されており、丸亀城の天守内にもあるとかで天守閣への入場無料チケットを頂いたものですから、そちらにも足を運んでみることにしました。

二年前に丸亀城を訪れた際の記事はコチラを参照して下さいませ。

ちなみに天守への入場料は、大人200円。

城内にあるお土産物売場(うちわ工房)では半額券を配っていましたので、これから行かれる方はココに立ち寄ってから上がるとお得です。

前回訪れた時には開館時刻前で入れなかった天守内の写真をドウゾ。

Marugamejou2

1階フロアの展示品を観た後、いよいよ上層部へと階段を上がります。

急な角度に加えて、古びた様相がなんとも心許無いですな。

Marugamejou3

二層目は、何も無くてガランとした空間です。

また這い蹲るように階段を上って最上階へと向かいます。

Marugamejou4

作品はココに展示されていました。

400有余年の時を経た天守と、現代アートのコラボレーション。

Marugamejou6

天守から瀬戸大橋方面を望みます。

中央やや右寄りに見える細長い建物がゴールドタワーです。

Marugamejou7

全ての方向の、時の城主たちが眺めていた視点を堪能。

当時の海岸線は、もっと手前側に見えたんだろうなぁ~とか回想すること暫し。

さて…と…。

Marugamejou5

帰りはこの階段を下りなきゃならないんだよねぇ…。( ̄Д ̄;;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

丸亀散歩(1)

Marugame_eki

先日、丸亀駅に行ってみますと、現在開催中の「ゆるキャラグランプリ」への投票を依頼する横断幕がドドーンと掲げてありましたよ。

ここ丸亀市のご当地キャラクター『とり奉行 骨付じゅうじゅう』への、丸亀市一丸となっての応援が凄いですな。

もしかして、現在、今治駅に行ってもこんな状態なんだろうかねぇ?

Marugame_eki2

通路の目立つ場所には、写真パネルやポスター、絵が貼られたコーナーが設けられております。

通り掛ったときに中央のモニターに目をやると、何故かバリィさんの姿が映し出されていましたので暫く注目して見ると、なにやら対決をしている様子???

帰宅してから探してみますと、この時の映像がYouTubeにアップされていました。

他にもイロイロなキャラ達と対戦しているようです。(^□^;)

これから駅周辺をブラブラしてみるのですが、その様子はまた改めて…。

 

     ******************************

 

ゆるキャラグランプリといえば、地元キャラのカブちゃんが、10月末時点で864人中138位まで順位を上げておりますよ。

大きな後ろ盾がないままでの立候補でしたが、なかなかどうして大健闘であります。

先日行われたゆるキャラ運動会で2年連続MVPを獲得するなどの頑張りで、多くの人に知られるようになったお蔭ですね。

このカブちゃんに会えるイベントが、この週末にも行われるそうです。

 ◆カブトガニフェスティバルのお知らせ

会場の東予郷土館では生きているカブトガニにも触れられますし、カブちゃんのストラップも販売されているので、地域文化祭に来られた際にはコチラにも是非立ち寄ってみて下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10月28日(日)のイベント情報

Shishimai_fes6

日が暮れると寒ささえ感じる今日この頃、景色はもうすっかり秋の装い。

行楽の秋ですね。

この日曜日に予定されている西条・新居浜のイベント情報をお知らせします。

 イベント情報出典:フリーペーパー Hoo-ja! Vol.196

 

◆第7回 西条獅子舞フェスティバル◆

西条市内各地域で脈々と受け継がれている「獅子舞」が一同に会し、伝統文化を披露。西条市内の獅子舞をはじめ、今治市の「継ぎ獅子」など市外からもゲストを招き、多数の獅子舞を披露。獅子舞で各地域の意気込みを感じよう。

 日時 10月28日(日) 12:00~16:00 ※雨天中止

 場所 石鎚山ハイウェイオアシス イベント広場内 特設会場

 問い 西条市役所総務部 危機管理課 0897-52-1283
http://www.city.saijo.ehime.jp/khome/kikikanri/event/index.html

 

◆西条まちづくりフェスティバル 千の風になって◆

西条商店街有志が中心となり、秋川雅史さんが歌う「千の風になって」のふるさとの一つとして、西条の新たな魅力を創り出すイベント。「萬屋」「じゃこてん☆」による生演奏ステージ。また、うちぬきグルメ市場も登場。音楽とおいしさを楽しもう。
入場料1,000円(1ドリンク付)

 日時 10月28日(日) 17:00 (開場16:00~)

 場所 大屋跡地(西条市紺屋町)

 問い ブティックシーハー 0897-55-1063

 

◆百縁笑点街&さんさん産直市◆

スタート時間が朝8時から、9時に変更(終了は15時)となった百縁笑点街&さんさん産直市。今回は「まちなか体験講座」と題して電子オルゴールなどの製作、しいたけ栽培セットで「マイしいたけづくり」、多喜浜塩田の「塩づくり体験講座」を開催。他にもアコースティックコンサート、マジックショー、ベジ・チョコ体験、スーパー半額タイムセールなど内容盛りだくさん。銅夢にいはま周辺ではシルバー人材センターによる「第13回シルバーふれあいフェスティバル」も同時開催。

 日時 10月28日(日) 9:00~15:00

 場所 登り道サンロード

 問い 新居浜商工会議所 0897-33-5581

 

◆別子山で秋を感じて もみじ祭り◆

ゆらぎの森で「もみじ祭り」を開催。青空レストラン、あめご、原木しいたけ、きのこうどん等の販売、アマチュアバンドの演奏も。また、ゆらぎの森ヘリポートからヘリコプターの遊覧飛行体験も開催。※要予約だが、まだ若干の空きがあるとか。別子の空を飛ぶチャンス、ぜひチャレンジ。※天候不良等により中止の場合あり

 日時 10月28日(日) 10:00~16:00

 場所 森林公園 ゆらぎの森

 問い オーベルジュゆらぎ 0897-64-2220

 ヘリコプター遊覧飛行

 場所 森林公園 ゆらぎの森 ヘリポート

 料金 大人4,000円 小人3,000円

 問い 別子山公民館 0897-64-2211

 

◆「新居浜に来て!見て!探して!」 Joint Market◆

市内外、県外のショップや作家を集めたジョイントマーケット。参加店数は四国最大級の約70ショップがマイントピア別子の芝生広場に大集結。お気に入りのお店や作家を探して、楽しいもの、おいしいもの、逸品を見つけよう。当日は国領川河川敷(山根公園近く)に臨時駐車場を設置。山根公園~マイントピア間をシャトルバスが運行。

 日時 10月28日(日) 10:00~16:00 ※雨天決行・荒天中止

 場所 マイントピア別子 芝生広場

 問い (社)新居浜市観光協会 0897-32-4028

 出店 参考BLOG:日々ここちよく

 

     ******************************

 

あと、私個人的に忘れちゃならないイベントがもうひとつ。

 

◆酒蔵開放 成龍酒造蔵開き 2012秋◆

酒蔵に「来て、見て、味わって、楽しんで」をコンセプトに味覚・芸術・成龍の秋を、ご来場頂く皆様とともに楽しむ13年目となる秋の蔵開き。入場無料(受付で要記帳)。地域の食の名店が集い、秋あがりしたお酒の旨味に酔いしれ、普段は開放していない蔵の中で、地域の伝統的な「周布本郷獅子舞」が舞い、アートな作品と感性が飛び交います。人気の福袋もさらに充実。新しくOPENする「SEIRYO SHOP」のお披露目や、世界に一つだけのこだわり酒器もお目見え予定。

 日時 10月28日(日) 10:00~16:00 ※少雨決行

 場所 成龍酒造蔵

 問い 成龍酒造株式会社 0898-68-8566
      http://www.seiryosyuzo.com/kurabiraki.html

 

とまぁ、イベント盛り沢山な日曜日です。

屋外のイベントが多いので、天気がちょっと心配ですなぁ。

ちなみに、トップ写真は西条市HPからの引用ですが、最前列中央でカメラを構えているのは私だったりします。(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三瓶に注目せいよ!?

おもっさまミカメジャーナル

テレビ愛媛の番組『ふるさと絶賛バラエティ いーよ!』にて、西予市三瓶町が紹介されていました。

有志の方たちがHPを立ち上げて、地元の情報を発信しているなんて良いですね。

バイクの機動力を活かして、山間部を含め県内殆どの町村を訪れたことのある私ですが、実は、三瓶町は数少ない未踏の地だったりします。

何か目的があれば行くんですけどねぇ~。 ( ̄Д ̄;;

けれど、三瓶町に纏わる思い出はあったりするんです。 ( ̄▽ ̄)

 

それは、5番目の民放FM局としてFM愛媛が開局されて間もない頃のお話。

当時、「ハッスルワイド」と、「TOWN TOWN TOWN」という人気番組がありまして、どちらもリスナーからの投稿を番組パーソナリティーが話題に取り上げたり、リクエストに応えて楽曲を放送するというスタイルの内容でした。

自分の好きな歌を流して欲しい時には、何か話題に取り上げられそうなネタをハガキに書いてはリクエストしていた常連さんも多かったです。

AMに比べてクリアな音質のFMはラジカセによるエアチェックの格好の対象で、例えば○○という歌手のアルバムから選曲されたものを纏めて放送する30分番組なんぞは、よくカセットテープに録音していたものです。

好きな楽曲のレコードを何枚も買えるほど小遣いが無かった私も、何度かリクエストを書いては出し、楽曲のエアチェックに励んでましたね。

「TOWN TOWN TOWN」が夕方から夜の帳が下りる頃の時間帯に放送され、放課後のような賑やかで若々しいムードの内容だったのに対し、ランチタイムの後に放送されていた「ハッスルワイド」のほうは、なんかゆる~い雰囲気漂う番組でした。(苦笑)

 

さて、前置きが長くなりました。 これでもだいぶ短くしたつもり…(´Д`;;)ゝ

この「ハッスルワイド」の番組中に、たぶんリスナーの誰かの投稿が発端だったと思うのですが、田舎自慢をするコーナーがありました。

内容はそのものズバリ、「自分の住んでいる地域は、どれだけ田舎であるか」という自慢話(自虐?)を披露するものでして、

「それなら勝てる!」 (´゚ω゚):;*.:;ブッ

と参戦(ネタ投稿)した私でしたが、三瓶町のリスナーにあえなく敗れてしまいました。

その時にパーソナリティーの話が大いに盛り上がった、三瓶町の田舎自慢ネタというのは、今でも忘れられません。

そのネタというのが…

 

「三瓶町には信号機が1ヶ所しかない!」

 

…マジですか!? (´゚ω゚):;*.:;ブッ

 

んで、この文章を打ちながら、「そういやあれから信号機がどれだけ増えたんだろうか?」と思ってグーグルマップを覗いて見たところ、あれから30年ほど経った現在も「三瓶総合支所前」の交差点の1ヶ所にしか信号マークが見当たりませんでした。

Mikame_map

…マ…マジですか!? (´゚ω゚):;*.:;ブブッ

 

まったく…、敵いませんなぁ~。(苦笑)

信号機なんて、交通量が少なくて譲り合いの精神があれば、必要ないモノですから。

画面に映る三瓶町の方々の温和な表情を見て、羨ましくもあり。

あの時のリスナーさんも30年前と変わらず、今も大好きな地元でゆったりとした時を過ごされているのでしょうか?

 

南海放送の、情報番組としては古株の『もぎたてテレビ』でも、次週の、三瓶町を紹介するようです。

三瓶の話題が旬なのか、単なる偶然か…?

現在開催中のゆるキャラGPでも、西予市のせい坊が票を伸ばしているようですな。

東予地方の人間には馴染みが無いけれど、公式サイトを覗いてみたら結構面白かったです。(笑)

せい坊や、もーにくんのように良く出来たHPは無いけれど、我らがカブちゃんもガンバレぇ~~~!(゜ε゜)ノ~~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

漁師めしを頂きます♪

Takikomigohan

石切り場から交流会館に戻ってきたのが正午頃でしたが、厨房ではまだまだ準備の真っ最中です。

四阪島まで船を出す時間が、予定変更により食事の支度に当てられた為に、当初の予定よりも品数が増えたのだそうですよ。

Miyakubo

揚げられた魚が、出来上がった傍から盛り付けられていきます。

炊き込みご飯も炊き上がり、窯の蓋を開けるといい匂いが漂ってきました。

Miyakubo2

今回の昼食では、大振りの鯛が3匹も振舞われました。

頭部とカマの部分は炙られ、残っている身を頂きます。

Miyakubo3

そして、鯛とサザエとイカの刺身。

私が座ったテーブルの鯛の刺身には皮付きのものがあったのですが、これがまた美味でしたよ。

サザエの身はコリコリとした食感であるイメージがあったのですが、帆立の貝柱のような柔らかい部位もあるのも教えてもらいました。

Miyakubo4

コチの残り身を炙って煮出し、出汁をとったすまし汁も美味しかったです。

あと、茹でた海老も食卓に並び、炊き込みご飯もお代わりして充分お腹一杯になり大満足でした。

 

昼食後は、参加者を2グループに分けて能島周辺の潮流体験へ。

Syoueimaru

今回のツアーで食材の調達や調理の指導などでお世話になった漁師の藤本さんの漁船に乗っていきます。

橋本さんが代表を務められる『株式会社 蛭子丸』では、地元で水揚げされた鯛をはじめ魚介類を燻製にして販売されていますよ。

出港の際には、観光用の小船に乗っていた時よりも、いかにも「船出じゃっ!」ってな気分で胸が高鳴りますなぁ~。

沖に出るとそこそこ波が立っており、時折大きく揺れる船体にテンションUpup

今回は、山と海の両方でテンションが上がりまくりですな。(笑)

潮流の早い時間帯に合わせて船を出して頂いたので、潮の流れを十分に体感する事が出来ましたよ。happy02good

今回のツアーを企画・協力して頂いた宮窪のおっさんと藤本さんに感謝!!

 

【参考】 宮窪町鯛崎島に伝わる昔話 『クジラのお礼まいり』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

しまなみアートキャニオン

Shisakajima

四阪島に行きたい!

…という想いで宮窪のおっさんさん(以下敬称略)が企画し、その心意気に賛同して集った我々でしたが、生憎の台風接近により沖合いの波が高く、また、ガイドを予定されていた大成ケイボン氏が急用により来れなくなってしまった為に、残念ながら四阪島回遊クルージングは中止となってしまいました。

まぁ、泣く子と台風(?)には勝てないからねぇ~。  ┐( ̄▽ ̄)┌

台風の接近を受けて事前に宮窪のおっさんからの連絡にあったとおりに、午前中は漁師めしの調理実習に企画変更。

港に係留されていた船の生簀から、参加者の子供たちが鯛やワタリ蟹をタモ網ですくい上げて、とても喜んでいましたよ。

他にも蛸にサザエに鱧にコチなどが準備されており、参加者全員が石文化運動公園の交流会館に移動して、いよいよ調理実習スタート。

サザエの身の取り出し方や、魚の捌き方の指南を受けながら下ごしらえです。

「作る人」というか、どちらかといえば「食べる人」サイドの私とその他数名は、料理が出来上がるまでの時間を利用して、宮窪のおっさんガイドによる採石場ツアーへ出発。

現場近くになり、壁のようにそそり立つ急な坂が目の前に近付いてきます。

まさか、この道を行くのか? ・・・・・・ 行ったあぁぁぁ~~~!!

4WDの1BOXがグイグイと上って行くと同時に、テンションもUPup

Ishikiriba

石を切り出している「丁場」と呼ばれる現場に到着。

ショベルカーと対比して頂くとお分かりのように、カメラの画角に収まらないほどの高い壁面に囲われたところにやってきました。

Ishikiriba2

だいぶ後ずさりして、なんとか全体像が収まりました。

(ツアー参加者が写っているので、上の写真は拡大しません)

Ishikiriba3

更に上がって行き、今度は見下ろした風景です。

見ろっ! 人がゴミのようだ!! (おっと間違い)

おぉっ! 重機がミニチュアのようだ!!

Ishikiriba4

〝しまなみアートキャニオン〟と喩えられるこの光景は、まさしく渓谷と呼ばれるに相応しいスケール感溢れる壮大な眺めです。

Ishikiriba5

これだけ多くの石が採掘されているのですが、墓石などに使用される良質なものは全体の1割ほどしかなく、残りの9割は砕石されて海岸の護岸工事などに使われているのだそうです。

 『大島石』 の Google検索結果です。

大島石が高価になってしまうのも納得ですなぁ~。

 

さて、それではそろそろ昼食が出来あがる頃なので戻りましょう。

つづく。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

宮窪瀬戸潮流体験

Noshimasuigun

この夏、今治市大島の能島水軍から出航している潮流体験に行ってきました。

トップ写真の右下の建物の裏手に乗船場があり、そこから画面奥に見える吊り橋(大島大橋)までの回遊ルートです。

この辺りの海を、カレイ山展望台から眺望した景色が次の写真です。

Mtkarei_view

画面右の港からでた船は、潮の流れの速い小島の間を抜けて大島大橋の下でUターンし周遊する、全工程40分程のちょっとしたクルージング体験です。

この潮流体験の、出港から帰港までのノーカット動画をどうぞ。

ノーカットとはいえ、記録フォーマットの制限(1ファイル30分)の為に1ヶ所繋ぎ部分がありますが、気になさらないように。(;´Д`A ```

本当は、後でカット割りするつもりでずっと流し撮りしていたのですが、編集が面倒くさ… いやいや、その為の時間がなかなか取れませんので、とりあえずタイトルだけ付けてアップ致しました。(=´Д`=)ゞ

それにしても、40分足らずのHD動画をYouTubeにアップするのに、私の通信環境だと20時間も掛かるのはどうにかならんのだろうかねぇ~。

潮流体験後は能島水軍で昼食の予定でしたが、あまりの暑さに涼(クーラー)を求めて村上水軍博物館内の食堂へ。

Olympic

受付には、開幕したばかりのオリンピックを盛り上げるバリィさん。

能島水軍でも食べる予定であった釜揚げシラス丼を注文しました。

Shirasu_don

Shirasu_don2

あぁ~~~~~、やっぱり美味いねぇ~~~。

そして、食後は大島の観光地巡りですな。

吉海バラ公園で塩アイス、亀老山で玉藻塩アイス、そして吉海いきいき館では蜜柑ソフト・・・ って、思い出すのはアイス食ったことばかり。Σ(゚д゚lll)

とにかく暑い一日でありましたよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青函連絡船「羊蹄丸」公開中!

Youteimaru

テレビや新聞等で広報されているので、既に御存知の方は多いと思いますが、現在、新居浜市の黒島埠頭に最期の青函連絡船「羊蹄丸」が接岸されています。

6月10日まで一般公開された後は解体される予定となっており、これが本当の見納めとなる機会ですので、行こうかどうか迷っている方が居ましたら、是非、訪れてみて下さい。

 ■新居浜に羊蹄丸がやってきた!

私は、到着後すぐの週末とGWの2回観に行きましたが、展示物も見応えのあるものばかりで充分に楽しめましたよ。

これから観に行く方の為に、ネタバレとなる船内の写真紹介は、公開期間終了後までお預けとしますね。
(ただ単に、今は記事を更新する余裕が無いからでもありますが・・・)

それから、新居浜高専の生徒が別子飴本舗と一緒に企画して作った「コーセン飴」成るものを船内で販売していますので、もし良ろしければお土産として購入してあげて下さいな。
地元民にはお馴染みの「別子飴」のオリジナル風味<ブルーベリー味>で、なかなか美味く出来ていましたよ。

Kosen_ame

Kosen_ame2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

石鎚ふれあいの里 「山菜まつり」

Marche2012

次の日曜日、石鎚ふれあいの里で恒例の「山菜まつり」が開催されます。

 ◆西条市HP 「石鎚ふれあいの里 山菜まつり」

このブログでも一昨年の様子を紹介しましたが、毎年多くの方々で賑わいますので、駐車場の確保を容易にする為には、実はあまり紹介したくないんですけどね。(苦笑)

でも、今年の開催日には天気が崩れるとの予想だから、どれだけの人が足を運んでもらえるかなぁ~?

毎年このイベントの為に、関係者の方々が近くの山々から沢山の山菜を採ってきて用意して頂いていますので、それらが無くなってしまうくらいには賑わって欲しいのですがねぇ。

とはいえ、雨が降ると駐車場として使用しているグラウンドが、「じるたんぼ」になっちゃうから、あまりお勧めもしづらいんですよ。coldsweats01

Marche2012_2

この記事に貼っている写真は、先の8日に開催された「ヤマ・デ・マルシェ」の時のものですが、咲き始めたばかりの桜が綺麗でした。

このイベントにも、多くの人々が訪れてきて賑わっていましたよ。

その為に、目的のひとつであったカレーの売店前には、ズラッと長ぁ~い行列が出来てしまっていたので、昼飯はお馴染みのこちらのメニューに・・・。

Marche2012_3

ふれあいの里の食堂メニューである、うどんと牛丼です。

ここのうどんは、特に出汁が美味しくて好きなのですが、これまでに何度か頂いているので、今回は気分的に牛丼を注文しました。

だって、ついさっきまでお腹がカレー(ご飯)モードだったもんね。smile

 

そうそう、この日曜日には今治の八木酒造部『山丹正宗』での蔵開きイベントもあるんですよ。

天気にもよりますが、さて、どちらに行こうかな?

気持ち的には、是非、両方に参加したいのだがなぁ~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧